極真空手
Japanese English
ホーム
代表の紹介
大山倍達の紹介
大山倍達履歴
支部・道場のご案内
オフィシャルグッズショップ
大会関連情報
特定商取引に基づく表示

大山倍達 履歴
1923年 6月4日 (新暦7月27日)父・崔承玄、母・芙蓉の4男として生まれる。
1935年 3月 龍地面小学校を卒業。 空手バカ一代
4月 ソウルの英彰中学校に入学。
1938年 3月 山梨少年航空学校に入学。
9月 船越義珍(初めて日本に空手を紹介した)の門下生となる。
大山倍達
1940年 4月 日本拓殖大学司政課に入学。
1943年 日本航空隊に入隊。
1946年 4月 早稲田大学体育学科に入学。
10月 同校を中退して身延山に入山、武道精進に励む。
1947年 9月 京都丸山公会堂で開かれた戦後初の全日本空手道選手権に出場して優勝。
1948年 4月 空手に生涯を懸ける決意をし、清澄山(千葉県安房郡)に入山。18ヵ月の修行を行う。
1950年 11月 千葉の館山で牛と対決。食肉処理場の側に住居し、修練を積む。47頭の牛を倒し、うち4頭は一撃で即死。
1951年 5月 米軍の要請に応えて空手を指導。基地に出向いて教える。 大山倍達
1952年 3月 シカゴの空手協会から招かれて渡米。全米32カ所で11ヵ月にわたり、演武と空手指導を行う。この間真剣勝負7回に及ぶ。
1953年 4月 アメリカ再訪。シカゴで牛と格闘。手刀で牛の角を折り猛牛を一撃で倒したことによって空手の威力に評判を博す。
12月 ニューヨークに戻り、空手を指導。
1954年 4月 アメリカから帰国後、報道関係者の要請で、「猛牛と闘う空手」の映画撮影のため、房総にて訓練。
5月 東京・目白の焼け跡の野天道場に大山道場の看板が正式に出される。
1955年 2月 アメリカを再訪。クライスラー社社長ベップフォード・デイビーとともに南米、ヨーロッパを回る。プロレス他、各界の格闘技と対決。ウイスキーのビン切りのデモンストレーションが人気を呼ぶ。「ゴッド・ハンド」と呼ばれる。
9月 シカゴにて再度、牛との闘い。
What is Karate
1956年 4月 沖縄を振出しに東南アジア各地を遠征。拳法を研究。
6月 大山道場、立教大学裏の古いバレエスタジオ跡を借りて稽古を始める。総数300人強。この道場が後の極真会として発足。
1957年 3月 ヨーロッパ遠征。
6月 アメリカ遠征。
7月 メキシコシティーで闘牛と闘う。門下生が700人を上回る。
1958年 1月 海外からの要望にこたえて「What Is Karate?」を出版。日本初の英文による空手書が海外での大ベストセラーになる。50万部発行。ニューヨークに渡る。
9月 ワシントンのFBIに招かれ、空手指導およびデモンストレーションを行なう。
10月 ウエストポイント陸軍士官学校に招かれ、空手指導およびデモンストレーションを行なう。
1960年 3月 ヨーロッパからアメリカへ渡る。
アメリカ、ヨーロッパなど16カ国に合計72の支部発足。
1962年 2月 アメリカを中心に南米、ヨーロッパ各地へ空手普及と新しい技の修練の旅に出発。
各国の国技と対戦。
1963年 4月 アメリカ、ヨーロッパ、南アフリカ各地を回る。
10月 大山道場を現在の豊島区西池袋に移し国際空手道連盟極真会館総本部を建設
1964年 1月 日本空手道に対し、タイ式ボクシングが挑戦したが邪道として受けなかったので大山道場が受けて立つ。3戦2勝。
4月 国際空手道連盟極真会館の会長に佐藤栄作氏就任。(当時国務大臣)
6月 会館竣工。国際空手道連盟極真会館を正式に発足。
1965年 3月 「This is Karate」を出版。17万部発行。
1968年 6月 ハワイ、アメリカ、イギリス、オランダ、イタリア、ヨルダンなどを歴訪。
1969年 9月 第1回オープントーナメント全日本空手道選手権大会を開催。以後毎年開催。
1971年 1月 「少年マガジン」に「空手バカ一代」連載開始。
1972年 8月 パリで開催された日本空手道連盟主催の世界選手権での日本敗北に憤慨して声明文を発表。
1975年 11月 第1回1オープントーナメント全世界空手道選手権大会を開催(以後、4年に一度開催)。
1976年 5月 第1回世界大会の記録映画「地上最強のカラテ」封切り。(空前の大ヒット)世界30カ国で上映。700万人〜800万人を動員。 大山倍達
12月 「地上最強のカラテpart2」封切り。
1979年 11月 第2回1オープントーナメント全世界空手道選手権大会を開催(日本武道館)。60カ国の参加を得て、146名の選手で争われ、名実ともに空手オリンピックの名にふさわしい熱戦を展開。
1980年 1月 第2回世界大会の記録映画「最強最後のカラテ」封切られる。
1984年 1月 第3回オープントーナメント全世界空手道選手権大会を開催(日本武道館)。
1985年 1月 映画世界最強のカラテ キョクシン」封切り。
1987年 11月 第4回オープントーナメント全世界空手道選手権大会を開催(日本武道館)。76カ国 207人の選手が出場。
1991年 11月 第5回オープントーナメント全世界空手道選手権大会を開催(東京体育館)。105カ国、250名の選手が参加、熱戦を繰り広げる。
1994年 4月26日 肺癌ため死去。享年70歳。
Copyright(C) 2004 BIGWIN. All Rights Reserved.